東京電力福島第一原発事故による放射性物質に関する県消費者団体連絡協議会の県民意向調査で、67%が県産の食材を最も多く購入していると答えた。平成24年の前回調査ではほぼ半数が「県外産」としており、協議会は「消費者の県産農産物に対する不安は和らいでいる」と分析している。
 調査は昨年6月に実施した。県内全域の520人(男128人、女392人)から回答を得た。主なアンケート結果は【グラフ】の通り。
 食材購入は「居住地付近の県産」が49%(255人)、「居住地付近以外の県産」が18%(93人)で県産が約7割を占めた。県外産に当たる「近隣県産」は18%(94人)、「近隣県産以外の国産」は14%(71人)だった。前回調査は複数回答のため単純比較はできないが、46%が県外産を購入すると答えていた。
 低線量のリスクについては消費者庁の全国調査と同じ質問をした。「(食品衛生法の)基準値以内であれば受け入れられる」との回答は39%(201人)で全国平均とほぼ同数だった。一方、「基準値以内でも受け入れられない」は31%(161人)で、全国の19%を上回った。
 消費者理解に大切なことについては「国が積極的に安全をPRする」が最多の29%(153人)、行政に望むことは「基準値以内でも測定値をそのまま公表してほしい」が41%(212人)となった。県産米の全袋検査は89%(463人)が評価した。協議会の田崎由子事務局長は「県産品に対する根強い不安があることも事実。正しい知識を学ぶための取り組みが必要」と指摘している。

http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2014/01/post_9123.html
自治体から入手した放射性物質の検査結果

小樽市、札幌市、青森県、仙台市、山形県、茨城県、栃木県、群馬県、高崎市、さいたま市、千葉県、千葉市、東京都、神奈川県、横浜市、新潟県、山梨県、長野県、静岡県、名古屋市、京都市、大阪府、兵庫県、神戸市

※ 基準値超過(2件)
No,164:千葉県産ギンブナ(Cs:170 Bq/kg)
No,165:千葉県産コイ(Cs:170 Bq/kg)

http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11135000-Shokuhinanzenbu-Kanshianzenka/0000036236.pdf
緊急時モニタリング又は福島県の検査結果
※ 基準値超過3件
      No.100:福島県産イシガレイ(Cs:110 Bq/kg)
      No.119:福島県産キツネメバル(Cs:120 Bq/kg)
      No.193:福島県産ヒメマス(Cs:110 Bq/kg)

http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11135000-Shokuhinanzenbu-Kanshianzenka/0000036105.pdf
自治体から入手した放射性物質の検査結果

岩手県、宮城県、山形県、茨城県、群馬県、東京都、横浜市、新潟県、新潟市、金沢市、京都府、京都市、大阪府、大阪市、堺市、東大阪市、高知県

http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11135000-Shokuhinanzenbu-Kanshianzenka/0000035904_1_1.pdf
 仙台管区気象台は、十和田湖で27日に地震活動が活発となり、800回以上の地震が発生したが、28日には減ったと発表した。

 同気象台は「付近の地殻変動に変化は見られず、火山性微動も観測されず、火山活動に特段の変化はない。噴火の兆候も見られないが、今後も注意深く監視する」としている。

 同気象台火山監視・情報センターによると、十和田湖は火山噴火でできたカルデラ湖。27日午前10時頃から、十和田湖のうち、中湖付近の深さ4~7キロ・メートルを震源とする地震が増え始め、午後5~7時には1時間あたり100回以上を観測した。周辺住民への聞き取り調査では、体に感じる震度1~2相当の揺れがあった。地震の発生は徐々に落ち着き、28日には1時間あたり1~10回ほどに減った。

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20140129-OYT1T00633.htm

「東京は危険」、「東京は放射能汚染されている」と書いて信じてくれる人はどれだけいるだろうか。東京江戸川放射線のメインテーマは東京・首都圏の放射能汚染の実態。御用マスコミの裏に隠された汚染状況、独自調査による画像・動画も掲載。


 

管理者の紹介

 

楽天およびAmazonでお買い物する際には是非、下記のリンクからお願いいたします。脱被爆・放射線防護の活動資金に充てさせていただきます。

 

プロフィール

 

東京江戸川放射線

Author:東京江戸川放射線
2011年3月の原発事故時、放射能プルームで被爆。江戸川区の自宅周辺の放射能を測定。測定した結果、放射能汚染が酷いことが判明。妻子は3月より大分県別府市に移住。私も2012年5月末に東京の民間企業を退職し家族と合流。

 

最新記事

 


東京江戸川放射線
on Google+

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -