核実験や原爆事故による核汚染問題を長年取材しているフォトジャーナリスト、森住卓さん(62)が29日、県男女共同参画推進センター(甲府市朝気1)で講演し、「福島県では、子供の甲状腺がん発症率が異常に高い」などと福島の現状を報告した。

 森住さんは東京電力福島第1原発事故直後から福島県飯舘村などに入り、取材を続けてきた。講演では、子供の甲状腺がんについて、「福島では(発症率が)通常の80〜100倍で異常」と指摘。福島県による「チェルノブイリ事故で増えたのは事故の4〜5年後以降。福島では放射線の影響は考えられない」との説明に対し、「5年目の調査で異常が分かっただけ。周辺自治体も含めてきちんと調査すべきだ」と批判した。

 森住さんによると、旧ソ連で起きたチェルノブイリ原発事故(1986年)により、ベラルーシ共和国ブレスト州では30〜40代の間で近年、甲状腺がんの発症者が増加。福島について「膨大な税金をかけて汚染を移動するだけの『除染』をするより、妊婦や子供たちだけでも避難が必要」と指摘した。

http://mainichi.jp/area/yamanashi/news/20130930ddlk19040039000c.html
スポンサーサイト



  • このエントリーのカテゴリ : 被爆
 東京電力福島第一原発で試験運転されている、ALPS(アルプス)と呼ばれる新たな汚染水の除染装置で発生したトラブルで、東電は二十九日、水処理用のタンク内から、作業時に使った、はしごを固定するゴム製の敷物が見つかったと発表した。東電は、この敷物が配管に詰まり、トラブルにつながった可能性が高いとみている。

 東電によると、タンク内には、水処理を始める前の準備作業で作業員が出入りできるよう、はしごが仮設されていた。このはしごを取り外す際、敷物も一緒に回収するはずが、うっかり取り忘れていたという。

 この装置は、原子炉を冷やした高濃度汚染水から、既存の装置では除去できない放射性ストロンチウムなどを除去するために、導入が進められている。しかし、試験運転を再開して約二十二時間後の二十七日夜、処理で発生する汚泥の排出量が大幅に減り、処理を停止させた。

 今回の不具合が発生したのは、三系統あるうち、初めて試運転を始めた系統。東電はさらに調査を進め、異常がないことを確認。準備が整い次第、汚染水処理を再開する。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/list/CK2013093002100023.html

「東京は危険」、「東京は放射能汚染されている」と書いて信じてくれる人はどれだけいるだろうか。東京江戸川放射線のメインテーマは東京・首都圏の放射能汚染の実態。御用マスコミの裏に隠された汚染状況、独自調査による画像・動画も掲載。


 

管理者の紹介

 

楽天およびAmazonでお買い物する際には是非、下記のリンクからお願いいたします。脱被爆・放射線防護の活動資金に充てさせていただきます。

 

プロフィール

 

東京江戸川放射線

Author:東京江戸川放射線

 

最新記事

 


東京江戸川放射線
on Google+

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文: