東京電力福島第1原発事故から2年半がたっても、福島県沿岸部の8万4000人が避難を強いられている。8月には避難区域再編が完了したが、除染の遅れなどで住民帰還の見通しは立っていない。長引く避難生活は若い世代の「故郷離れ」を招き、地域社会が崩壊の危機にひんしている。
 「地元に帰ろうとしているのは年寄りだけだ。昔を取り戻すのは難しい」。南相馬市小高区の荒れ果てた田んぼに囲まれた小さな神社で5日、行政区長連合会会長の山沢征さん(69)は、地震で崩れ落ちた灯籠や斜めに傾いた社殿を見ながらつぶやいた。
 小高区は原発から半径20キロ圏内で、大半が避難指示解除準備区域。この日は地元住民10人が、神社の修繕策を話し合うため集まった。
 大正時代に建てられたとされる神社は、震災前は老若男女の集いの場だった。秋に収穫を祝い、暮れにはみんなでしめ縄を編んで納めた。山沢さんは「ちょっとした出店が出て、酒を酌み交わした。地域社会の結び付きがあった」と振り返る。
 修理費用は260万円。「カンパを募ろうにも、ばらばらに避難していて誰がどこにいるか分からない」「再建しても引き継ぐ若い者がおらん」。一同から諦めの声も上がった。
 震災前に7万1000人を超えていた南相馬市の人口は、7月末現在6万5000人。20代、30代がいずれも1000人以上減り、19歳以下は2500人近く減った。「帰還の見通しは立たず、若い世代は別の土地で新しい生活を始めている」(山沢さん)という。
 帰還が進まない大きな要因は除染の遅れだ。政府は昨年4月以降、半径20キロ圏内の警戒区域とその外側の計画的避難区域を、放射線量に応じて3区域に順次再編。線量が比較的低い地域で除染を進め、帰還を促す計画だった。
 しかし、除染で出た土など大量の廃棄物の仮置き場確保が難航。双葉、浪江、富岡の3町では本格的な作業に着手できていない。宅地の除染が一通り終わったのは田村市都路地区のみで、小高区では8月26日に着手したばかりだ。
 全町避難が続く双葉町が実施した住民意向調査では、70代より下の全ての世代で3割超が「戻りたいと思わない」と回答。「すぐにでも戻りたい」としたのは、いずれの世代も2割に満たず、20代以下で4.4%、30代は3.6%にとどまった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130909-00000064-jij-soci
スポンサーサイト



 IOC総会で、東京電力福島第一原子力発電所の汚染水問題について、安倍首相が安全を保障したことに関して、地元福島県では確実に実行してほしいとの期待の声が上がった。

 試験操業を中断中の相馬双葉漁業協同組合の佐藤弘行組合長(57)(福島県相馬市)は「発言は歓迎するが、本当に実行してくれるのか」と心配する。ただ、「発言の通りにやってくれれば、操業再開の追い風だ。早急に発言した通りの対策を実行してもらいたい」と強調した。

 農産物への風評被害を払拭しようと、特産品のPRに奮闘するJA伊達みらい職員井浦弘晃さん(45)は「今はまだ、『安全性』をPRするしかないが、7年後には、日本の選手とともに、伊達の農産物も、世界の舞台で戦ってほしい」と願う。

 佐藤雄平知事は「安倍総理は『政府が完全に責任を果たす』と国際公約した。約束をしっかり守っていただきたい」と注文を付けた。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130909-OYT1T00436.htm
 東京電力福島第1原発事故を招いたとして、業務上過失致死傷容疑などで刑事告訴・告発された勝俣恒久前東電会長(73)や菅直人元首相(66)ら約40人について、東京地検は9日、全員を不起訴処分とした。巨大津波による事故を具体的に予測できたとはいえず、事故後の対応にも刑事責任を問えるほどの過失はなかったと判断した。

 告発側は不起訴を不服として検察審査会に審査を申し立てる。

 告訴・告発していたのは、福島県民ら約1万4700人による「福島原発告訴団」など。

http://www.minyu-net.com/newspack/2013090901001423.html

「東京は危険」、「東京は放射能汚染されている」と書いて信じてくれる人はどれだけいるだろうか。東京江戸川放射線のメインテーマは東京・首都圏の放射能汚染の実態。御用マスコミの裏に隠された汚染状況、独自調査による画像・動画も掲載。


 

管理者の紹介

 

楽天およびAmazonでお買い物する際には是非、下記のリンクからお願いいたします。脱被爆・放射線防護の活動資金に充てさせていただきます。

 

プロフィール

 

東京江戸川放射線

Author:東京江戸川放射線

 

最新記事

 


東京江戸川放射線
on Google+

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文: