IOC委員に福島原発問題の対応方法について、科学的根拠と具体的方策を聞かれた安倍総理の回答要旨

 新聞ではなく事実を見てほしい
 福島第一原発の港湾内、0.3平方キロメートル内でブロックしている
 モニタリングによる水質は、最大でもWHO基準の1/500以下
 日本のどの地域でも日本基準の1/100以下の被爆量

 だから、今も未来の安全である
 私が保証する

何じゃこりゃ
スポンサーサイト



 福島県はきょう、震災と原発事故で激減した修学旅行生を呼び戻そうと、都立学校の校長が集まる会議で「今の福島だからこそ学べる体験プログラム」を説明しました。
 福島県によりますと県内の修学旅行や林間学校などの宿泊者は、震災前には年間延べ70万人を超えていましたが、震災が発生したおととしは13万人となり8割以上減少しました。現在も震災前には程遠く厳しい状況が続いています。会津若松市観光物産協会の高橋弘さんは「20年後、30年後に、もっともっと多くの若い人たちが福島県に足を踏み入れていたら復興が早かったとか復興が加速されたとかいう後悔をしたくない。ぜひ皆さま方のお力添えをお願いしたい」と訴えました。また、県の担当者は「被災地を見学しさまざまな体験談を聞くことで防災意識や命の大切さ、エネルギー問題を考える機会になる」と、福島を訪ねるよう呼び掛けていました。

http://s.mxtv.jp/mxnews/kiji.php?date=201309037
  • このエントリーのカテゴリ : 被爆
2013年9月7日、原発事故後2年半が経過した東京都江戸川区のスカイツリーが見える荒川河川敷の放射線量0.8μSv/h

「東京は危険」、「東京は放射能汚染されている」と書いて信じてくれる人はどれだけいるだろうか。東京江戸川放射線のメインテーマは東京・首都圏の放射能汚染の実態。御用マスコミの裏に隠された汚染状況、独自調査による画像・動画も掲載。


 

管理者の紹介

 

楽天およびAmazonでお買い物する際には是非、下記のリンクからお願いいたします。脱被爆・放射線防護の活動資金に充てさせていただきます。

 

プロフィール

 

東京江戸川放射線

Author:東京江戸川放射線

 

最新記事

 


東京江戸川放射線
on Google+

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文: