福島・南相馬市小高区で、除染で出た廃棄物が、山の中に不法に埋められていたことがわ­かり、環境省と警察が調べを進めている。
除染で出た木の枝や葉は、土のう袋に入れられず、埋められたという。
26日午前9時すぎ、環境省の職員や警察など、およそ30人が南相馬市小高区の山の中­に入った。
現場は、小高区の避難指示解除準備区域。
周辺を、山林に囲まれた場所にある。
25日午前、周辺の除染にあたっていた作業員から、不法投棄を行ったと通報があった。
環境省によると、ほかにも複数の場所で、除染廃棄物が、土の中に埋められたとみられて­いる。
南相馬市小高区の住民は「若い人が安心して暮らせるために除染してるんだから、ごまか­しをやったら、信頼がことごとくなくなると同じ。本当に丁寧にやってもらいたい」と話­した。
環境省は、工事関係者から話を聴くなど事実関係を確認するとともに刑事告訴を検討して­いる。

東京電力は、高線量のがれきを保管するテントの破損について、福島第1原発周辺の自治­体にも通報しているが、住民からは、不安の声が聞かれた。
市内のいたるところに、モニタリングポストがある南相馬市。
福島第1原発で、1号機の建屋カバーが解体された時も、大気中の放射性物質を監視する­「ダストサンプラー」が設置された。
住民は、今回のトラブルを不安に感じている。
南相馬市の住民は、「いや、もう、それは嫌ですね。やっぱり、不安を感じます」、「あ­のテントは、耐久年数を過ぎているよね。それを保守点検ができないというのは、事業者­として、最低レベルだと思わない?」、「隠ぺいしなかったのは、いいですかね」などと­話した。
東京電力は、原発近くのモニタリングポストの値に、目立った変化はないとしている。

【2014/11/2(日)厚労省文書開示に伴う全国放送決定のお知らせ】

http://www.dailymotion.com/video/x296ciw_nnn-housyasenwoabitaxnengo3-suteraretahibakusya_news

厚労省は今年9/19に、これまで「保有していない」としていた、
「アメリカが太平洋上で実施した1954年の水爆実験の関連文書」を開示しました。

それに伴い、南海放送(伊東英朗ディレクター)では、緊急で「X年後」の続・続編となる
「X年後3」を制作、2014年11/2(日)深夜に、全国放送が決定いたしました。

▼放送時間:2014年11月2日(日)24:50~

(日本テレビ系列:全国放送)

▼ナレーター:鈴木省吾
▼制作:南海放送
▼再放送:
・2014年11月9日(日) 11:00〜 BS日テレ
・2014年11月9日(日) 18:30~ CS「日テレNEWS24」

http://x311.info/blog/

タグ : 福島 放射線

元政府事故調委員長の畑村洋太郎さんが、飯舘村除染を早く現実的に進めるための実験を始めた。畑村さんの現場での実践を通して、被災地・福島の抱える困難を考える。

政府の原発事故調査委員会委員長をつとめた畑村洋太郎さん。「失敗学」「危険学」を提唱、危険を直視し失敗から学ぶことの意義を説いてきた人物である。畑村さんは、委員長の責任を果たした後も飯舘村に通い続けている。今、村の除染が廃棄物の問題で停滞し、その遅れによって住民たちの帰還が危機に立っていることを深く憂慮しているのだ。そしてとうとう手弁当で実験を始める。早く現実的に除染を進めるための実験だった。

https://pid.nhk.or.jp/pid04/ProgramIntro/Show.do?pkey=001-20141107-35-00855

タグ : NHK 除染 ETV 飯舘村

20140927_2.jpg
20140927_1.jpg


タグ : 御嶽山 噴火 動画

サイエンスZERO シリーズ 原発事故(13)

福島第一原発の事故で大量に放出された放射性物質・セシウム。これまでは放射線量などをもとに調査されていたが、その実際の形態はよく分かっていなかった。しかし、電子顕微鏡を用いた巧みな調査で、セシウムは不溶性の球形粒子として存在するものも多いことが明らかになった。この粒子が肺に入ると、従来想定されていた水溶性粒子に比べて長くとどまるために、内部被ばくの影響が強くなるのではないかと危惧されている。

当初の予定
↓ クリックで拡大
20140922_1.jpg
昨夜、いっぱいやっていたら、
よういっしょに仕事してた、
テレビ朝日の報道ステーション、岩路記者が亡くなったとの報が
飛び込んできた。
絶句やった。

原発報道、テレビでは、岩路記者の右に出る記者はおらんかった。
テレビ局の中には、TEPCOにとりいって、原発独自取材を目論む
ヤツ、けっこといるんやって。
原発、ヤバイと報じる岩路記者。
風当たり強いことあったそう。


けど、岩路記者は、まったくTEPCOにとりいるような
かけらもなく、被災者目線で報じていた。
今年3月の福島の甲状腺ガン問題を報道ステーション
でやったのも岩路記者。
聞いた話やけど、古舘キャスターも、高く評価していたそうよ。

ワシと原子力ムラの陰謀もやった。
福島のデタラメ除染も、いっしょに報じた。
こないだも、広島の被災現場のことや、次にいっしょに
やろうってしていた、新しいネタの話をしたばっかり。
いまも、信じられんです。
なんでやのん?
しかも、自殺とは。

ご冥福をお祈りしますm(_ _)m

追記
岩路記者のご逝去について、たくさんのメッセージが
寄せられました。
私は先に書いた内容の情報しかを持ち合わせて
いません。
そないな状況なので、これ以上、なにもわかりません。
いろいろな話が出ているようですが、ご遺族もいらっしゃいます。
そのような中で、仮定で話をするような気持ちにはなれません。
いっしょに仕事をし、ネタを追っかけ、権力と戦ってきた同志として、
ただ、涙するばかりです。
岩路さん、ありがとう、おおきに。
ご冥福をお祈りいたします。

http://www.imanishinoriyuki.jp/archives/40635070.html

「東京は危険」、「東京は放射能汚染されている」と書いて信じてくれる人はどれだけいるだろうか。東京江戸川放射線のメインテーマは東京・首都圏の放射能汚染の実態。御用マスコミの裏に隠された汚染状況、独自調査による画像・動画も掲載。


 

管理者の紹介

 

楽天およびAmazonでお買い物する際には是非、下記のリンクからお願いいたします。脱被爆・放射線防護の活動資金に充てさせていただきます。

 

プロフィール

 

東京江戸川放射線

Author:東京江戸川放射線
2011年3月の原発事故時、放射能プルームで被爆。江戸川区の自宅周辺の放射能を測定。測定した結果、放射能汚染が酷いことが判明。妻子は3月より大分県別府市に移住。私も2012年5月末に東京の民間企業を退職し家族と合流。

 

最新記事

 


東京江戸川放射線
on Google+

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -