NPO法人ハッピーロードネットが今夏、浜通りの中学、高校生をベラルーシに派遣した「日本・ベラルーシ友好訪問団2017」の活動報告会は5日、いわき市で開かれた。生徒らはベラルーシで体験したことや感じたことを発表し、風評払拭(ふっしょく)の方法、本県の将来について考えた。
 訪問団が現地で交流したベラルーシ国立大の学生も参加した。報告会は2部構成で開かれた。1部で参加した生徒らが、31年前のチェルノブイリ原発事故を乗り越え、復興を遂げたベラルーシの姿を報告した。
 ベラルーシ国立大生も発表を行い、今回の報告会参加に合わせて視察した廃炉・汚染水対策の進む東京電力福島第1原発、復興へ向かう双葉郡の様子について見たこと、感じたことを語った。
 2部では「ベラルーシと日本の違い」と「私たちは何を学んだのか? これから何をするべきか?」をテーマに訪問団の生徒らが公開討論した。
 訪問団に同行した開沼博立命館大准教授・東日本国際大客員教授(いわき市出身、社会学)が進行役を務めた。生徒らは「放射線教育は県内だけでなく全国で行うことが重要では」「ベラルーシで気付いたことは、放射線以外にも有害なものは存在すること」などと意見を発表し合った。
 来賓として吉野正芳復興相(衆院福島5区)が参加、生徒らの活動を評価し「全国で放射線教育をして、知識を伝えることが重要だ」と語った。
 報告会終了後、解団式が行われ、団長の西本由美子同NPO法人理事長や生徒、保護者らが謝意を伝えた。

http://www.minyu-net.com/news/news/FM20171106-217955.php
 東日本大震災と東京電力福島第1原子力発電所事故で不通となっていたJR常磐線富岡(福島県富岡町)―竜田(同楢葉町)間が21日、約6年7カ月ぶりに運転再開した。普通電車の上下線が一日11往復する。4月に避難指示が大部分解除された富岡町は利便性向上による復興加速を期待。JR東日本は残る不通区間について2019年度末までの開通をめざす。

 21日午前に富岡駅で開いた再開式で、富岡町の宮本皓一町長は「多くの町民が心待ちにしていた。基幹交通の復旧は町の復興の大きな後押しとなると期待している」とあいさつ。JR東日本の冨田哲郎社長は「富岡駅が新しい地域の拠点となるよう力を注いでいく」と話した。

 新駅舎は津波で流失した旧駅舎があった場所から北に約100メートルの位置に建設。コンビニ店と飲食スペースを組み合わせた「さくらステーションKINONE(きのね)」も併設している。この日は県立ふたば未来学園高校(同県広野町)の生徒が駅前で手作り菓子を配り、再開を祝った。

 今も多くの避難者が暮らす同県いわき市のいわき駅までは約40分。4月に富岡町内に帰還した会社員、大和田力さん(54)は「いわきで避難を続ける両親が戻りやすくなる。(旧駅舎にはなかった)エレベーターができたのもうれしい」と歓迎。転勤で水戸市から同町に引っ越してきた半田亮人さん(26)は「実家のある東京にも行きやすい。(マイカーではなく電車で帰れるため)飲み会の予定も入れやすくなった」と笑顔をみせた。

 富岡町の10月1日時点の居住者は304人で住民登録者の2.3%にとどまる。常磐線の残る不通区間は福島第1原発が立地する大熊、双葉両町をまたぐ富岡―浪江(同浪江町)の20.8キロとなっている。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22546120R21C17A0CR0000/
 東日本大震災と東京電力福島第1原発事故の影響で運休しているJR常磐線竜田―富岡間の21日の運転再開を前に、4階建てのビジネスホテル「富岡ホテル」が17日、富岡町のJR富岡駅前にグランドオープンした。
 地元の8人が共同出資して経営する。古里の復興を願う8人の夢が詰まったホテルが「生まれ変わる駅前の新しい顔」として宿泊客をもてなす。
 3年がかりでスタートラインに立った。8人がまとまって、これから始まるという思いだ」。現地で行われたセレモニー後、富岡ホテルの渡辺吏(つかさ)社長(57)は万感の思いを口にした。
 震災前の職種が宿泊業のほか、自動車販売業、衣料品販売業、雑貨卸業、青果市場など多様な人が集まっただけに一部で心配する声もあったが、結束して準備を進めた。
 取締役4人を含む社員11人とパート2人で宿泊客を迎える。震災前は自動車販売業だった渡辺信一取締役支配人(41)は開業に向け県外のホテルで研修を積んだ。「営業努力でリピーターを増やしたい」と意気込む。
 まずは稼働率7割を目指す。宮本皓一町長は「帰町した町民と町に訪れた人の交流の場になってほしい」と期待する。渡辺社長は「ホテルを足掛かりに駅前周辺が活気づき、復興につながってほしい」と決意を語った。
 客室はシングル66室、車いすの人も使いやすいバリアフリー仕様のツイン3室の計69室で、風呂とトイレが分かれている。窓からは復旧が進む沿岸部を一望できる。夜の森地区の桜並木や津波で失われた「ろうそく岩」など、震災前の富岡の風景画を飾った。絵画はまちづくり会社「とみおかプラス」の大和田剛代表理事が描いた。
 県産食材を使ったレストランとラウンジを備える。積水ハウス郡山支店が設計施工した。長期宿泊の割引プランがあるほか、予約制で宴会と会議室の貸し出しも受け付ける。

http://www.minyu-net.com/news/news/FM20171018-212862.php
 宮崎、鹿児島県境にある霧島連山・新燃岳(1421メートル)が約6年ぶりに噴火したことを受け、気象庁は11日、降灰調査を実施、宮崎市や小林市など宮崎県の3市1町で降灰を確認したと発表した。宮崎県は同日、噴火前から続けていた登山道への立ち入り規制について範囲拡大の検討を始めた。
 宮崎、鹿児島両県警などによると、けが人を含めた被害の情報は入っていない。噴火前から両県は火口から約3キロの範囲で立ち入りを規制。小林市側から霧島連山につながる主要な登山道が新たな規制対象となる見込み。

噴火警戒レベルを2から3へ

 気象庁によると、新燃岳は11日午前5時34分ごろに噴火。灰白色の噴煙が火口から約700メートルまで上昇し、降灰が確認された東方へ流れていた。

 気象庁は、火口から約2キロの範囲で大きな噴石の飛散や火砕流の恐れがあるとして、噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から3(入山規制)に引き上げた。

http://www.sankei.com/photo/story/news/171011/sty1710110008-n1.html
 11日午前5時34分ごろ、鹿児島、宮崎県境にある霧島連山の新燃岳が噴火した。11年9月以来、約6年ぶり。9月下旬から火山性地震が増加していた。

http://373news.com/_news/?storyid=87615
 日本人にも人気のリゾート、インドネシアのバリ島で、火山の噴火に対する警戒が続いており、観光客による旅のキャンセルが相次いでいる。

 インドネシア政府は先月下旬、バリ島・アグン山の噴火の可能性が高まっているとして、警戒レベルを最高に引き上げた。これまで14万人余りが避難しているが、政府は立ち入り禁止区域外からの避難者については帰宅を呼びかけている。

 また、地元の宿泊施設ではキャンセルが相次いでいる。火山が噴火した場合、飛行機の運航に影響が出る可能性があり、観光業を中心に懸念が広がっている。

http://www.news24.jp/articles/2017/10/03/10374110.html
【9月28日 AFP】南太平洋の島国バヌアツで28日、同国北部アンバエ(Ambae)島の中央部に位置する火山マナロ(Manaro)山が先週末に活動を活発化させ、大規模な噴火の恐れがあることから、全島民に対して避難命令が出された。
 首相府によると、10月6日までに全島民1万1000人の避難を完了させるという。
 バヌアツの国家災害管理事務所(NDMO)によると、火山活動のために全島民が避難する事態は、存命中の人々が知る限りでは初めてだという。
 マナロ山からの噴石や火山灰が村々に降り注いだことを受け、アンバエ島の住民の大半は既に島内の避難施設に退避している。
 当局はマナロ山が先週末に水蒸気や火山灰を噴出したことを受け、非常事態を宣言。警戒レベルを2番目に高いレベル4へと引き上げていた。

http://www.afpbb.com/articles/-/3144697

「東京は危険」、「東京は放射能汚染されている」と書いて信じてくれる人はどれだけいるだろうか。東京江戸川放射線のメインテーマは東京・首都圏の放射能汚染の実態。御用マスコミの裏に隠された汚染状況、独自調査による画像・動画も掲載。


 

管理者の紹介

 

楽天およびAmazonでお買い物する際には是非、下記のリンクからお願いいたします。脱被爆・放射線防護の活動資金に充てさせていただきます。

 

プロフィール

 

東京江戸川放射線

Author:東京江戸川放射線
2011年3月の原発事故時、放射能プルームで被爆。江戸川区の自宅周辺の放射能を測定。測定した結果、放射能汚染が酷いことが判明。妻子は3月より大分県別府市に移住。私も2012年5月末に東京の民間企業を退職し家族と合流。

 

最新記事

 


東京江戸川放射線
on Google+

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -