県は8日、県産米の全量全袋検査の在り方に関する検討会を開き、東京電力福島第一原発事故に伴う避難区域が設定された12市町村を除き、数年後にも検査範囲を縮小する方向で一致した。県内外の消費者や生産者らを対象に実施した意向調査で、数年以内に見直すべきとの回答が過半数を占めたことなどを踏まえ、対応が必要と判断した。県は検討会の意見を基に年度内に新たな検査体制や縮小の時期などの方針を決める。
 検討会にはJAやコメの集荷業者、消費者団体の関係者ら12人が出席し、冒頭を除き非公開だった。県によると、7月から9月にかけて県が初めて実施した意向調査の結果を報告し、出席者が今後の全量全袋検査の在り方を協議した。
 意向調査で多くの消費者や生産者らが検査体制の見直しを求めていることから、数年後をめどに検査範囲を縮小すべきとの意見が大勢を占めた。避難区域が設定された12市町村については、営農再開が遅れている実情を踏まえ、「当面は現状のまま検査を継続すべき」との見解で一致した。
 県は年明けにも、検討会に新たな検査体制の素案を示し、年度内の決定を目指す。現時点では、市町村や生産者単位でのサンプル検査、流通販売用のコメに限定した検査への移行が有力とみられる。検査範囲を縮小する具体的な時期は、今年産米の検査結果などを踏まえて慎重に判断する方針だ。
 2012(平成24)年に開始した県産米の全量全袋検査を巡っては、放射性セシウム濃度が食品衛生法の基準値(1キロ当たり100ベクレル)を超える検体数が年々減少。2015年産からは全て基準値を下回っている。こうした結果を受け、県内農家などから検査体制の縮小を求める声が上がっていた。

■消費者「見直し必要」67% 生産者「より効率化」40% 意向調査
 消費者の意向調査はインターネットを通じて実施し、県内と関東地方の2070人から回答があった。集計結果は【グラフ(1)】の通りで、現状のまま「継続すべき」が32%で、残りの67%が何らかの見直しが必要とした。見直しの理由については「これまでの検査で安全と分かっている」が49%で最も多く、次いで「検査費用がかかりすぎている」46%、「『危険だから検査している』という誤解を生む可能性がある」34%と続いた。
 一方、生産者の意向調査は325人に聞き取りで行った。集計結果は【グラフ(2)】の通りで、「より効率的な検査に移行」が40%、「検査は必要ない」が13%で、合わせて53%が何らかの見直しを求めた。「継続すべき」は41%だった。望ましい検査体制について聞いたところ、「市町村当たり数点の抽出検査」が39%で最も多く、「生産者当たり数点の抽出検査」32%、「販売用のコメだけを検査」18%と続いた。

http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2017/11/post_15547.html
 東京電力福島第1原発事故の後、福島県が県内産の全てのコメを対象に続けてきた放射能検査。県内では現在の検査体制をいつまで続けるか、議論が始まっている。国の基準値を大幅に下回る状況が続いても風評被害は根強く、「継続してほしい」との声が上がるが、全量・全袋の検査を続けるには人手と費用がかかる。県は来年以降に収穫されるコメの検査方針を今年中に決めたい考えだ。

 10月下旬、福島市内の倉庫で、出荷予定のコメの放射性セシウムを測る検査が行われていた。玄米が入った袋をベルトコンベヤーに載せ、測定器にかける。基準値は1キロ当たり100ベクレル。パソコンの画面に基準値以下の数値が表示されると、袋に検査済みのラベルが貼られた。検査を終えたコメは集荷業者に返され、流通していく。
 県によると、2016年に収穫され、今年9月末までに各市町村で検査を受けたコメは約1026万点。県は毎年、検査費用約50億円を東電に請求し、アルバイトなどの人件費約5億~6億円は国の補助金で賄っている。費用は12~16年産米の約5313万点で、総額約305億円に上る。
 全量全袋検査が始まった12年産米では、基準値を超えたコメが867点中71点あったが、その後減少。直近3年は全て下回り、16年産米は10月25日時点で、測定下限値の同25ベクレル未満が99.99%を占める。
 こうした状況の中、全てのコメを検査場で調べる検査が「かえって風評被害を助長しているのでは」との指摘もある。県は来年以降の検査方針を決めるため、JAグループや消費者団体の関係者らでつくる検討会議を7月に設置。県内300人以上の農家と首都圏の卸業者7社への聞き取り、全国の消費者約2000人へのインターネット調査の結果を踏まえ議論を進める。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2017110500317&g=soc
 県内の産品と観光の魅力を発信する「ふくしま産直市」は26日、東京都のJR上野駅構内で始まった。28日まで。
 JR東日本の主催、県の共催。10月から来年3月まで県が展開している秋・冬観光キャンペーンに合わせて企画した。県内各市町村の観光パンフレットを配布しているほか、県内産の菓子や加工品、工芸品、日本酒などを販売している。新鮮なリンゴやナシ、キュウリなどの野菜や果物も並べ、初日は駅利用者が列を作って買い求めていた。
 県内の見どころなどを紹介する「HAPPYふくしま隊」のステージイベントも繰り広げられている。
 産直市では幻のコメと言われる二本松市産の「農林21号」を販売している。
 農林21号は県内を中心に良食味米として広く作付けされてきたが、寒さや病気に弱く、1980(昭和55)年の大冷害以降はほとんど栽培されていない。甘味と軟らかな粘りが特徴で、上質な味を地域の新たなブランドにしようと二本松市太田字白髭の菅野哲雄さん(54)らが石川県の生産者から種をもらい受け、作付けした。本格的に生産した今年は約1200キロを収穫した。
 菅野さんは「土壌、気候ともに農林21号に適しており、おいしいコメができた。イベントなどで販売し、地域活性化につなげたい」と話している。

http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2017/10/post_15514.html
 東京電力福島第一原発事故に伴う避難指示が帰還困難区域を除き3月末に解除された飯舘村で、販売を目的とした稲刈りが7年ぶりに進んでいる。27日は、村内須萱の農業高橋松一さん(65)が管理する水田で作業が行われた。
 農業高野靖夫さん(63)・笑子さん(57)夫婦が、約70アール分の稲をコンバインと鎌で刈り取った。作業を見守った高橋さんは稲もみを手にし、「原発事故前より粒が大きく、色も良い」と満足した表情を見せた。
 収穫した「里山のつぶ」と「ヒメノモチ」は全量全袋検査を経て11月上旬から中旬にJAへ出荷するほか、「いいたて村の道の駅までい館」で販売する。
 村によると、今年は村内の農家8軒が原発事故発生前の約1.2%に当たる計約8・1ヘクタールに作付けした。来年は17ヘクタール程度に増える見込み。

http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2017/10/post_15516.html
 日本貿易振興機構(ジェトロ)福島貿易情報センターの招きで来日したマレーシアの食品輸入業者らが17日、会津身不知(みしらず)柿を出荷している会津美里町のJA会津よつば永井野選果場などを視察した。
 会津坂下、会津美里の両町、JA会津よつばでつくる「会津みしらず柿販路拡大促進協議会」が昨年、6年ぶりに会津身不知柿の輸出を再開し、ジェトロの「地域貢献プロジェクト」の支援対象に選ばれた。センターは福島の産地を理解してもらい、販売促進につなげようと輸出先であるマレーシアの関係者を招いた。
 日本食の輸入販売会社ジェイエムジー・トレーディングとスーパーのビレッジ・グロッサの社員3人が選果場を訪れ、箱詰めの様子などを視察した。ジェイエムジー・トレーディングのン・ジョアンさんは「とても整然としている」と選果場の印象を語った。ビレッジ・グロッサの染谷潤一郎さんは「日本の柿は他国産に比べ味が良く人気。輸入を検討したい」と述べた。
 一行は会津坂下町のリンゴほ場も視察した。

http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2017/10/post_15494.html
 静岡県は15日、富士山周辺地域で採取した野生キノコ6検体の放射性物質を検査した結果、富士宮市のアンズタケ1検体から食品衛生法の基準値(1キロ当たり100ベクレル)を超える130ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表した。関係機関や事業者に採取や出荷の自粛を要請するとともに、キノコ狩りで食べないよう県民に注意喚起している。
 富士宮市の野生キノコは2013年にも基準値超えの放射性物質が検出され、国の原子力災害対策特別措置法に基づき出荷制限が継続中。県は11年の東京電力福島第1原発事故を受け、富士山周辺地域で野生キノコの放射性物質検査を定期的に実施している。

http://www.at-s.com/news/article/social/shizuoka/402620.html
平成29年9月11日に富士山周辺地域(富士宮市及び富士市)に生育する「野生きのこ」6検体について放射性物質検査を行ったところ、富士宮市で採取された1検体から、食品衛生法の基準値(100Bq/kg以下)を超える放射性物質が検出されました。

富士山周辺地域(富士宮市、富士市、裾野市、御殿場市及び小山町)に生育する「野生きのこ」については、出荷制限指示が出されています。

裾野市内、小山町内、御殿場市内、富士市内及び富士宮市内の「野生きのこ」につきましては、当分の間、採取・摂取を控えていただきますようお願いします。

http://www.pref.shizuoka.jp/kousei/ko-520/syokuhin/yaseikinoko.html

「東京は危険」、「東京は放射能汚染されている」と書いて信じてくれる人はどれだけいるだろうか。東京江戸川放射線のメインテーマは東京・首都圏の放射能汚染の実態。御用マスコミの裏に隠された汚染状況、独自調査による画像・動画も掲載。


 

管理者の紹介

 

楽天およびAmazonでお買い物する際には是非、下記のリンクからお願いいたします。脱被爆・放射線防護の活動資金に充てさせていただきます。

 

プロフィール

 

東京江戸川放射線

Author:東京江戸川放射線
2011年3月の原発事故時、放射能プルームで被爆。江戸川区の自宅周辺の放射能を測定。測定した結果、放射能汚染が酷いことが判明。妻子は3月より大分県別府市に移住。私も2012年5月末に東京の民間企業を退職し家族と合流。

 

最新記事

 


東京江戸川放射線
on Google+

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -